ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

Kotkaの図書館

から、子供向けの絵本を数冊借りていたのですが、


うっかり返しそびれてしまい、どうしよう。。と思ってファミリーに聞きました。




すると、妹ちゃんから信じられない一言が(!)


「返す日に間に合わないと、お金を払うんだよ。たしか50セントくらいだったかな」




え!お金を払う?!

そんなシステムだとは全く知らず、ショックを受ける私。

お兄ちゃんにも「すぐ返しに行った方がいいよ」と冷静に言われ、ごはんを食べてから急いで返しに行きました。ごはんを食べてる時点で急いでないですが^^;


すると、一緒に英語クラスを受けているマダムが図書館の受けつけにいました。
どうやらここで働いてるらしいです、偶然の再会:D

「また明日会おうね~。え、返しそびれたの?ちょっと待ってね、確認するから。あ、子どもの本はお金は必要ないよ、大丈夫だよ^-^」


ということで、今回は払わなくてセーフでしたが児童書以外は期限をしっかり守らないとお金がかかることが分かり、またひとつ勉強になりました☆


他の場所はどうなんだろう??このシステムはKotkaだけなんでしょうか??
日本の私の街は、期限を2週間過ぎると督促状が届いたり、電話がかかってくるシステムになっていました。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-11-03 06:21 | Suomi フィンランド
<< 冬時間が、キター! フィンランドにおける日本語☆ >>