ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

カレワラと子ども文化週間

2月7日~27日まで、Lastenkulttuuriviikko(子ども文化週間)がKotkaで開かれています。
幼稚園からも3つの催しを見に行きました。(いろいろなダンスの紹介イベント、「長靴をはいた猫」の人形劇、チェロとピアノの演奏会)

これは、Vinoprinsessa(ななめのプリンセス)という音楽会の催し。
おどけたプリンセスとそのお妃がサンサーンスの「白鳥」など有名なクラシックの曲を演奏してくれました。
b0202018_3561152.jpg


いろいろなところに隠れては、出てくるプリンセス。
b0202018_3595823.jpg


生の音はやっぱりすごかったです。
b0202018_411919.jpg


これは、いろいろなダンスが紹介されたうちのひとつ。創作ダンスでみんなの息が合っていて、幻想的でした。
b0202018_428367.jpg


図書館でも文化週間のひとつで、フィンランドの叙事詩「カレワラ」についての展示会が開かれていて、カレワラの世界が見て、体験できるように作られていました。

b0202018_359144.jpg


b0202018_415896.jpg


b0202018_461141.jpg


b0202018_481720.jpg


b0202018_49279.jpg


感想は、


。。。大きい!!ひとつひとつのサイズが大きい!

カレワラは「フィンランド語の文学のうち最も重要なもののうちの一つで、フィンランドを最終的に1917年のロシア帝国からの独立に導くのに多大な刺激を与えたとされている。名称は「英雄の地」の意」です。(wikipediaより)

子どもたちが自分の国のことを知ったり、いろいろな文化イベントに触れたりするきっかけを与える意味での文化週間。そういうところに意識を持っているのはフィンランドらしいなと思いました。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 04:23 | Suomi フィンランド
<< 2月のフィンランド 友だちの日 >>