ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

夏至祭と白夜 2

お待たせしました!

うたたねからふと目を覚ますと、窓の外が黄金色。。。

時計を見ると22時30分。。。


これは。。。!


晴れた!ラッキー!!

すぐさま外に出て、橋の方へ向かって歩き出しました。

昼間は曇りと小雨で夏至際(Juhannus)の夜が晴れてくれるとは思わなかったから、わくわくしながら景色を見に行きました。

一年で一番日が長い夏至の時期にFinlandで最北端のひとつである場所=一番明るい夜空が見れる場所(のひとつ)!

こんな勝手な計算でしたが、その明るい夜空が目の前に広がっている。。。

すごく嬉しかったです!


これが23時。
b0202018_6495610.jpg



23時30分。ホテルの側にある、日中車で連れて行ってもらった山も輝いてます。
b0202018_656112.jpg


どんどん歩いてTenojoki(Teno川)のところまで来ました。FinlandとNorwayの国境を流れる川です。
0時。まだまだ、輝きは続く。。。
b0202018_715469.jpg



国境ということで橋の側にはTulli(税関)の施設があります。
旗もFinlandのとEUのとNorwayのと3つ並んでます。
b0202018_7113225.jpg



やっぱり橋から見る景色は最高!0時30分。
b0202018_7151769.jpg



歩きながら、まだまだ夏至の夜を楽しみます。

ラップランドに住む原住民、Saame(サーミ)の旗と言葉の看板を発見。
b0202018_7281019.jpg


Utsjokiはフィンランド語が約5~6割、Saamelaiskieli(サーミ語)も約5割という比率で話されていて、フィンランド人の子どもたちも学校でSaamelaiskieliを勉強するとのことです。

もともと、英語の授業に加えてスウェーデン語も必修であるFinland、Utsjokiの子たちは母国語も含めて4か国語を子どものうちに習うという言語環境にあります。



これは1時。暗くなることがないまま、明け方に向かっていきそう。。。
b0202018_733417.jpg



そして再び橋の上へ。1時30分です。
実は、この橋こうなっていたんです。Rovaniemiの橋の作りと似ているような。。。
これが、お気に入りの一枚になりました☆
b0202018_737579.jpg



段々眠くなってきたので、ここで宿泊施設へ帰ることにしました。

暗くなることがない、いつまでも明るい、時間が止まったような夏至のUtsjoki。


すごくいい経験になりました。

さて、次の日も午前中ホストファミリーのおばあちゃんの知り合いの人と待ち合わせ、Utsjokiの教会へと向かいます。

もう少し、つづく!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-07-14 07:41 | Suomi フィンランド
<< 夏至祭と白夜 3  Juhannus(夏至祭)と白夜 >>