ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

Seurasaariの夏

Helsinkiの目抜き通りにあるStockmanというデパートの前か、駅の近くのSokosというデパートの側から出ている24番のバスに揺られること、20分ほど。

野外博物館としても知られるHelsinki人にとっても憩いの場所、Seurasaariが見えてきます。

バス停からすぐにある橋を渡ると自然あふれる島に到着です。
Helsinkiの街からそんなに離れていないのに、町に近いということを忘れそうになるくらい穏やかで深呼吸のできる場所で、ピクニックにも最適です。

島に入ると、そこら中からちょこちょことやって来たリスたちが迎えてくれました。
b0202018_049527.jpg


Seurasaariの紹介にもここの島にリスがたくさん生息していることが書かれています。
やはり多くの人が出入りする場所のためかリスたちも人慣れしていて、大分近くまで寄ってきていました。
b0202018_0522773.jpg


この野外博物館の建物は1600年代~1800年代に使われていたフィンランド各地の建物が移築されていて、木の教会や家畜の小屋などを身近に見ることができます。建物によっては中にその時代の服を着たガイドの人がいて、その建物の歴史などいろいろおしえてもらえます。

b0202018_0582694.jpg


昔の一般的な住居の中を見に行くと、ガイドの人が「寒い冬は暖炉の上の空間を使って布を敷き、寝たりしていたんですよ」とおしえてくれ、寒さ厳しいフィンランドの過ごし方の工夫が垣間見れました。

b0202018_0584519.jpg



建物の見学の後は、広場で行われているkäsityömarkkinat(ハンドメイドマーケット)を見に行きました。

ここでは昔の時代に来ていた衣装を身に着けた人たちが、いろいろな手作りのテントを出していました。
b0202018_12191.jpg


白樺の木の皮から作られた星の形のクリスマスの飾りやカバン、レースを使った作品、伝統の織り方で作ったベルトなど、ワクワクしながら見てまわりました!
b0202018_14293.jpg


白樺素材のカゴは日常生活でも普通に使われていて、買い物カバンのひとつや毛糸の靴下グッズを入れて置いたり、暖炉の側の薪入れになっていたりと、フィンランドの人たちの生活に溶け込んでいます。
私もひとつ自分用に欲しかったのですが、結構持ち運ぶのに大きいことと帰国の時に困るだろうということで、今回は買うのをやめておきました。

こんなカゴや木の製品も並ぶ屋外マーケットは定期的に夏の間を中心にフィンランド各地の市場で開催されているので、足を運んでみると面白いです。


ハンドメイドマーケットの側にはカフェもあり、おいしいキッシュも食べることができて満足満足のSeurasaariでした。
b0202018_113405.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-09 01:13 | suosittelu おすすめ
Tilli(ディル)のすすめ >>