ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

カテゴリ:ruoka 食べ物( 13 )

Kotkaのおすすめレストラン

Kotkaは海に面している街ということで、ボートが港の船着き場にたくさん並んでいる風景がよく見られます。

真冬は海が凍るので船も各々家の倉庫や違う場所へ移動させてありますが、春の訪れとともにまた並びだす、船、船、船。。。

b0202018_574293.jpg


写真で見るとそんなにたくさんには見えませんが^^;、ひとつの船着き場に50はあるんじゃないかというぐらい戻ってきています。


そんな海の街、Kotkaでは魚料理のおいしいレストランが海沿いにあります。

名前は「Wanha Fiskari」。

http://www.wanhafiskari.fi/
ここです。

先日、幼稚園の園長先生が魚料理を食べるならここ!ということで、一緒に食べに連れて行ってくれました。

フィンランドでよく食べられている魚のひとつ、Ahven(パーチ)が絶品とのことで、私もAhven料理を頼んでみました。


じゃじゃーん!
b0202018_516342.jpg


Ahvenは10センチ程の大きさの魚で、比較的取れやすいけれど骨がたくさんあるのでやや食べにくい、と思っていましたが、ここのAhven料理は違いました。

食べても、食べても、骨がない!

おまけに味付けも最高で、バターとレモンソースのような組み合わせがAhvenにかかっていて、さらに付け合せのマッシュポテトもふんわりしてて甘みがあって、おいしかったです。

Kotkaに来るならぜひここでお食事を☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 05:23 | ruoka 食べ物

Karjalanpiirakkaの会

karjalanpiirakka(カルヤランピーラッカ、おかゆが包まれたパイ)は、フィンランド人のソウルフードのひとつと言ってもいいくらい日常のいろいろな場所で見かける食べ物です。

パン屋、スーパーマーケットなどには必ずと言っていいほど置かれていて、冷凍のものもあります。スタンダードはおかゆのようなごはんを包んで焼くものですが、その他にもじゃがいものムース入り、人参とおかゆを混ぜたもの入り、サケの燻製入り、ニシン入りなどなど、バリエーションはいろいろあります。

きっと作るの難しいんだろうな。。。と思っていましたが、今回幼稚園の園長先生のお誘いで先生のお母さんと一緒にそのkarjalanpiirakkaを作れることになりました。


先生の実家は畑と森に囲まれたいい感じの田舎町にあって、すごくほっとして落ち着く場所でした:)
フィンランドの蛇口はレバー式で上下左右にひとつのレバーを動かし調節するタイプが多いですが、ここは左と右にひねるところがついている古き良き蛇口のタイプで、日本のものと一緒!それもほっとしたひとつの理由です。

まずは、生クリームと麦の粉、砂糖を混ぜてベリーを飾ったデザート作りをしました。
これは、昼ごはんの後に食べました。
b0202018_5201139.jpg


腹ごしらえをしてから、piirakka作りに取り掛かります。

ミルク粥(塩を少し入れます)は先生のお母さんが作っておいてくれていたので、包む皮作りをします。
材料は、ライ麦の粉と水、塩。それだけ! 。。。思っていたよりも簡単でした!

それを混ぜてこねてから、棒状にして5㎝ずつくらいに切ってから丸く伸ばします。
b0202018_5314463.jpg


b0202018_5322483.jpg


その後、真ん中にお粥を置いて、両手でお粥を包むようにひだを作り、準備完了です。



先生のお母さんの家には薪オーブン(!)があって、それを使って焼くところを見せてもらえました:)

b0202018_5342261.jpg


80歳はゆうに超えているお母さんですが、薪を足したり思い天板を出し入れしたりと、すごくアクティブでした!

b0202018_5365822.jpg


オーブンの具合にもよりますが、200度くらいで10~15分くらい焼けば出来上がりです。

待っている間に、マット折り機を見せてもらいました。
b0202018_5374354.jpg

古い服をさいて、それを織り込んで今年の冬に向けてマットを作っているそうです。
ちなみにこの機械は、お母さんのおじいちゃんが作ったそうです!さすがDIYの国、フィンランド☆


焼きあがったpiirakkaの上に、マーガリンを水で溶いたものをはけで塗るとよりおいしくなります。
全部で40個ほどでき、みんな満足満足の出来栄えでした:)
b0202018_5382962.jpg


帰り道に園長先生が案内してくれたはちみつショップで、蜜蝋100%のキャンドルを買いました。
はちの巣の形で、はちも2匹描かれています。こういうの好きです:)
b0202018_5431584.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 05:44 | ruoka 食べ物

1日限定フィンランドカフェ開店

今日、幼稚園の後で幼稚園の先生のお宅にお邪魔させてもらって、一緒にkorvapuusti(シナモンロール、フィンランド語の直訳は”耳への平手打ち”:D)、 lohikeitto(サーモンスープ)、 marjakiisseli(ベリーソースのような感じのデザートです)を作りました。

taikina(パンなどのこね粉、ねり粉)が発酵している間にAnne先生が手際よくスープを作ります。
見てください!この発酵ぶり。すごすぎる☆

b0202018_6325029.jpg



それから生地を広げて。。。
b0202018_6372473.jpg


油をうすーく伸ばしたあと、砂糖とシナモンをまんべんなくまぶします。
b0202018_639464.jpg


それから、ロール状に生地を丸めて、斜めに切っていきます。
その後、10分ほど布をかけて発酵をすすめてから、上に卵を塗りkova raesokeri(直訳すると、固い粒砂糖)をまぶします。
b0202018_640382.jpg


それから10-15分ほど220度くらいのオーブンで焼きます。しばらくお待ちください。その間に、あたたかいキャンドルとすてきなチューリップを撮ります。
なんと、フィンランドでは2月の頭くらいから花屋の店頭にチューリップが登場します!
しかも広告には「Suomessa tehty」(フィンランド産)と書かれています、へ~☆
b0202018_645415.jpg



はい、出来上がりです!フィンランドのシナモンロールは大きい印象があるけど、これはそれに匹敵するくらい大きくすばらしくできました:)29個くらい全部であります。
1日だけフィンランドカフェが開けます:D
b0202018_649446.jpg



作り方をおしえてくれたり、私のつたない話に根気よくつきあってくれたり、たくさん写真を撮ってくれたり、おすすめの音楽をおしえてくれたり、ピアノでいい曲を聴かせてくれたマルチな才能のAnne先生、本当にありがとう!!

b0202018_654531.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-03 06:33 | ruoka 食べ物

laskiaispulla

1月の終わりから2月にかけて店頭に並んでいるもののひとつでlaskiaispullaがあります。

laskiainenは”カーニバル、謝肉祭”、pullaは”コーヒーと一緒に食べる菓子パン”の意味があり、キリスト教に由来のある期間限定の菓子パンです。
(詳しくは、wikipediaでどうぞ!)


今回、ファミリーのママさんが買ってきてくれたひとつをもらうことができ、初めてlaskiaispulla体験をしました。


b0202018_7442922.jpg



いわゆる、菓子パンを半分に切って中にクリームやジャムやアーモンドフレーバーのクリームのようなものなどを入れたものですが、これが


おいしい!:)
期間限定ということもあって、期間中にまたもうひとつ食べそうです。

パン屋では価格はいろいろですが、kotkaのパン屋では1.75ユーロくらいで売られていました。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-01-27 07:54 | ruoka 食べ物

冬の旅、Pyha:へ ~パイシートのすすめ~

コテージ滞在中にフィンランドのクリスマスシーズンに作られるjoulutorttu(クリスマスパイ)に初挑戦しました。
生地は冷凍食品コーナーにあり、レンジで30秒くらい温めてからめんぼうで伸ばして、一枚のシートを3等分にして形を作り、真ん中にジャムを乗せて225度のオーブンで15分ほど焼いたら、もう出来上がりです☆
すばらしい生地のおかげで、ささーっとできました:)
ジャムはクリスマスバージョンと少し変えて、シナモンアップル味にしました。
これもいけます♪
b0202018_9172691.jpg



勢いづいた私たちは、次にチョコやチーズ、マッシュルーム入りのハムも使い、違う形で作ってみることに☆
チーズチョコ、包帯みたいなチョココルネ(笑)、ミニクロワッサンなどどれも外れなしのいい味でした!
b0202018_924545.jpg


春には、pa:a:sia:inen(イースター、復活祭)という行事がありますが、その時にもこのパイシートが使われるらしく、星の形から今度は花の形に折りたたむデザインを変えるそうです。
一年中、フル活躍のパイシートです。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-01-08 09:29 | ruoka 食べ物

にんじんマフィン

フィンランドに来てからマフィンのおいしさにはまり、10月は3日に1回は食べていたほどのマフィン好きになりました。

今回、念願叶い、ついに一番大好きな味の「にんじんマフィン」を作ることができました!

今回は、ファミリーの娘さんとその友だちが手伝ってくれました。
私をふくめ、3人とも豪快に作り進めていきました:D
まず計量もおおざっぱ、すりおろした人参は味見、焼く前の生地も味見、オイルが少なくても「健康的でいいよね!」でみんな納得:D


結果は、ふくらし粉を書いてある量よりも多く入れたにも関わらず、ふくらまずやや失敗に終わりましたが、上にかけた甘いチーズソースは大成功し、私は3つ、ホストファミリーの娘さんも3つ食べました:)

b0202018_633335.jpg


まだまだたくさんあるので、次の日の楽しみにしようと思います:9
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-12-20 06:33 | ruoka 食べ物

ジャムの入ったハンバーグ

を、食べました!
人生初の経験です。

今まで、ミートボールの横にリンゴンベリージャムなどが添えられていたことはあったものの、まさか反バークの中にまで入ってしまうとは思いませんでした。

でも食べてしまえば一緒なので、理にかなってるな~と思いました。

フィンランド人の先生の中にも初めて食べた先生がいて、これはフィンランドでもレアな料理のひとつになるみたいです!

クリスマス料理のひとつらしく、他にもPorkkanalaatikko(人参のすりおろしたものと米が混ぜてあって、グラタンっぽくなっているもの)、joulutorttu(ジャムがのったクリスマスパイ)などもフィンランドのクリスマス料理のひとつとして親しまれています。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-11-26 06:51 | ruoka 食べ物

Susi!

といえば、フィンランド語で”おおかみ”のことです☆


日曜日はママが巻き寿司を作ってくれました!!


サケを酢でつけて、それからのりとごはんと赤パプリカと一緒に巻いてくれました^-^


しょうゆとわさびも揃い、ここはまるで日本料理のレストラン☆



パプリカも甘くて、とてもおいしかったです!!


ママの料理はすばらしい☆


b0202018_4124487.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-10-05 04:12 | ruoka 食べ物

初☆フィンランドでカレー

土曜日の夜ごはんは、ママが出張で疲れて帰ってきているということで私がごはんを作ることにしました。


メニューはカレーと雑穀米☆


フィンランドのカレーは黄色いカレーソースみたいなものなので、日本のカレーとはまた違う気がします。

ファミリーに受け入れてもらえるか心配だったけど、「おいしいよ」「いい味だよ!」とみんなで食べてくれほぼ完食☆

雑穀もけっこういけるんだね~、と思いました:)


日本から持ってきたプラスチックの電子レンジで使える炊飯器(1200円)が活躍しました!
ファミリーの電子レンジが900Wだったから使えるかドキドキだったけど、溶けず無事炊けてうれしいです:)
豆ごはんとかさつまいもごはんとかもできそう☆



b0202018_3532248.jpg



画像はいまいちだけど、いつも作る味にできました:)
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-10-05 03:53 | ruoka 食べ物

フィンランドと日本のお菓子が。。。

出会った~:)




この前の土曜日、ホストファミリーのママはメレンゲケーキを、
私はみたらしだんごを作りました!


b0202018_105890.jpgb0202018_113862.jpg



そして、ついに画像も送れるようになりました!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-09-21 01:02 | ruoka 食べ物