ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

カテゴリ:Japani 日本( 4 )

日本三昧☆

ここ1~2週間の間に、幼稚園のeskari(就学前教育グループ)や幼稚園の子たち全員の前、保護者の会でなどいろいろなところで日本を紹介する機会をもらえました!

b0202018_6194867.jpg

eskariの子たちに日本から持参したゆかたを着てもらったり、

b0202018_623145.jpg

先生たちのアイデアで、園長先生がりんごの木の枝を持ってきてくれて、子どもたちがピンクの薄い紙を花の形に切って枝に張り付けて”桜の枝”を作ってくれたり^-^


b0202018_6261750.jpg

お茶会の席では、壁に日本のポストカードやうちわ、100均で買った掛け軸など飾りつけをして、

b0202018_6283265.jpg

日本から持参したお茶道具と井草のマットを用意し、浴衣を着てお茶会に臨みました!

フィンランドでも「煎茶」は売られていて割とメジャーなお茶の種類になっていますが、本格的な抹茶は飲んだことがない人がほとんどで、「緑茶と抹茶ってどう違うの?」「日本でもお茶を飲むとき、砂糖を入れたりする?え、入れないの!?どうやって飲むの?」「何歳くらいから抹茶って飲めるの?」など質問をもらい、自分でも考えるいい機会になりました。

多くの人はかなり薄めに作った方の抹茶を気に入ってくれて、子どもたちも「いいね~」と言いながら飲んでくれました。中には、「どのくらいが本当の濃さなの?本当の味で飲んでみたい!」と挑む先生もいました:D

お茶の席では、お茶菓子としていちご大福を作りました。
包みの部分の米粉はイタリア産のものがスーパーで売られていてそれを使い、あんこもHelsinkiにある”東京館”という日本食を取り扱うお店で買えたのでそれを用いました。いちごは季節外れでしたが、今の時期スペイン産が大きいスーパーに行くと売られているのでそれを使いました。
b0202018_640357.jpg


日本より乾燥しがちなので、大福の包みが固くならないようにラップで何重かに覆いました。
味は新鮮だったようで、「Ja:nna: maku!(エキサイティングな味!)」とコメントをもらえました。

以前にお世話になっていたホストファミリーのお宅でも滞在最終日にちらし寿司を作りふるまうと、思っていた以上に好評で「のりが小さく切ってあるから、抵抗なく食べれたよ」とママさんが話してくれました:)
フィンランドでは基本的にあまり海藻系を食べる習慣がないようで、最近の日本ブームもあって寿司レストランや寿司バーではのりも食べられていますが、大きい板のりは黒い色や匂いなどにやや抵抗がある人もいるみたいです。
具は、スイートコーン、パプリカ、ツナ缶、卵焼きで作りました。
ごはんには日本から持参した寿司酢を混ぜて、味付けにちらし寿司の上から少ししょうゆ(フィンランドで買えます)を加えました。

日本紹介三昧のありがたい3月でした!

*おまけ*
ドイツ(たぶん)からの輸入品ですが、フィンランドではチョコレートコーティングの米ポンせんべいが売られています。
しかも、米ポンせんべいをフィンランドでは”riisi kakku(もち)”と呼んで食べていることを知り、先生たちから「これ、”もち”だよね?フィンランドでも売られてるんだよ:)」と聞いたことも新鮮でした:D
b0202018_6573415.jpg



。。。しかも、そう、名前が”Nippon"!!
フィンランドでしかも輸入菓子で「日本」に出会えるとは:D
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-03-28 06:59 | Japani 日本

発見、日本語ブランド

キティちゃんといい、マンガといい、日本ブームはひそかに(?)続いていて、もはや定着しつつあるのでは?と思うフィンランドですが、先日HelsinkiのKamppiというショッピングモールやバスのターミナルがある施設で、こんな服のブランドを友だちが発見してくれました。

b0202018_5475366.jpg



。。。”極度乾燥(しなさい)”(!!)

私的にかっこの中身はいらないと思います、でもすごい:D

T-シャツにまで、怪しい日本語が書かれています。

b0202018_5505262.jpg



。。。”堅い天候会社”(!!)

もう受け入れるしかないです:D

しかもその日、バスターミナルでもこのブランドのジャケットを着ている人を見ました!
背中にしっかりと「Superdry 極度乾燥(しなさい)」と書かれていました:D
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-08 05:53 | Japani 日本

フィンランドにおける日本語☆

というセミナーにこの間の水曜日に参加してきました!^-^


ヘルシンキ大学で開かれたこのセミナーは全4日間で、私は2日目の発表を聞きに行きました☆



1日目の講義はフィンランド語で行われましたが、2日目~4日目の講義や発表は日本語で行われました。

その2日目の発表は、ヘルシンキ大学で日本語を勉強しているフィンランド人の学生さんたちが”日本語で”自分の研究内容を発表するというとても興味深い内容でした!


このセミナーにリンクして、いろいろなフィンランドの人に日本についてインタビューした「Japanin kieli Suomessa」(フィンランドにおける日本語)という冊子もヘルシンキ大学の出版社(?)から発行されています。



この発表に。。。実は、私のフィンランドの友だち、Katiちゃんも出てたんです!!


彼女は日本語を5~6年(5年?曖昧で申し訳ない^^;)勉強していて、今回は冊子の内容についての日本語での紹介と、冊子のインタビューを文章に書き起こすのにもたずさわっているという、とてもとても頑張り屋なんです!!


ことばの言い回しも素晴らしくて、本当何度尊敬したことか☆


しかも、Katiちゃんの恩師の植村先生というヘルシンキ大学の先生曰く(この先生も素晴らしい先生で、フィンランド語のエキスパートだと思います)、こういう外部の人を招いて日本語を勉強する学生たちの発表を聞いてもらったのが、ヘルシンキ大学始まって以来初(!)のことだったそうで、そんな記念すべきセミナーに参加できて、本当よかったな~と思います^-^


この冊子(フィンランド語版)をインターネット注文して今日手元に届いたので、これも1年かかってでも解読したいと思います!


解読したいものがたくさん^^;


http://www.helsinki.fi/jasu/


こちらからセミナーの内容が見ることができます☆
日本語でも書かれていてていねいで分かりやすい:)
学生さんたちがどれだけこのセミナーのために時間を費やしたか、ひしひし伝わってきます!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-11-02 07:15 | Japani 日本

スオメンリンナ島の裏千家☆

知ってますか??

フィンランドの首都、ヘルシンキより船で15分の場所にはスオメンリンナという島があります。

そこは世界遺産に指定されていて、以前戦争の時に使われた場所なのですが、今は市民の憩いの場としてにぎわっています。


そのスオメンリンナにあるんです☆


茶道の裏千家の茶室が!!


以前から行ってみたいと思っていて、先週の日曜日に行く機会があったので探してみると。。。


ありました!迷路のような道の奥まった場所にひっそりと岩の洞窟に囲まれた茶室が!!


ちょうど毎週日曜日が練習の日ということで、中を見せてもらえるように頼むとこころよく了解してもらえ、見学することができました^-^

ちょうどその日は練習風景を家庭の医学(?)関係の雑誌のカメラマンが撮影に来ていたようで、私も写真に写ってしまいました!


その後、お茶とお菓子をいただきながらお点前にも参加でき、すごく貴重な時間を過ごすことができました☆

撮影ということもあって、練習しているフィンランドの人たちは、着物や袴を着ていてかっこよかったです!

来年の夏など、時間がたくさんある時にでも練習に参加したいな~と思っています☆

毎週日曜日に練習しているそうなので、スオメンリンナ島に来たときは探してみてくださいね:)b0202018_0555085.jpg
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2010-09-15 05:21 | Japani 日本