ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

カテゴリ:Suomi フィンランド( 73 )

イースターの草の観察日記

Pa:a:sia:inen(イースター)のたまごに引き続いて、この時期のシンボルのひとつになっているもののひとつで”Rairuoho(ライ麦の草)”があります。

ホストファミリーの家でも幼稚園でもPa:a:sia:inenの休日の2週間ほど前からこの草の種を箱の中にまき、育て始めました。

私にとって初めての経験だったので、観察記録をつけてみました:)


<プロセス1>
箱や平らな皿などに園芸用の土をしき、その上にRairuohoやHerne(えんどう豆)などの種をまき、水をあげる。

b0202018_542106.jpg

これはホストファミリーのおばあちゃん作。ホールケーキのプラスチックのふたを容器にして、雑誌の切り抜きを貼ってアイデア満載です!

b0202018_5503194.jpg

これは幼稚園のリス組。牛乳パックの再利用です。

b0202018_5553912.jpg

ウサギ組です。子どもたちが薄い紙を丸めてデコレーションしました。


<プロセス2>
種をまいて、毎日水をあげていると3~4日で芽が出て伸びてきました:)

b0202018_61482.jpg



<プロセス3>
それから2~3日すると草がどんどん伸びていくため、平らにはさみでカットしてならしていきます。

b0202018_683060.jpg

そして、ホストファミリーのおばあちゃんはひよことたまごを飾りつけていました:)


放っておくと、こんな感じになります:D 
b0202018_6133122.jpg

子どもたちはイースター休みの少し前くらいにそれぞれの家に持ち帰っていました。


<番外編>
ネコヤナギの枝に羽やカラーモールなど飾りつけたものも、シンボルのひとつでこれを持って子どもたちがイースターの一週間前のPalmusunnuntai(聖枝祭)という祝日に近所の家を歩いて回り、ハローウィーンのようにお菓子をもらったりしていました。

お菓子をもらう時に唱えることばは、

Virvon varvon tuoreeks terveeks tulevaks vuodeks, Vitsa sulle, Palkka mulle !

です、長い!:D
魔女やひよこなどの仮装をして回るのもスタイルのひとつのようです☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-20 06:27 | Suomi フィンランド

引っ越し、Lankilaへ!

2週間前くらいに引っ越し、ようやく最初のばたばたも落ち着きつつあります。
久しぶりのブログ、お待たせしました!

日本の地震の後のことが心配だけど、募金したりチャリティーコンサートに参加したりして少しでもこちらからできることをしていきたいです。


さて、新しいホストファミリーはおじいちゃん、おばあちゃん、黒い大型犬のファミリー構成で、LankilaというKotkaの中心街からバスで15分くらい離れた場所にあります。

そう、バス通勤(通学?)になったんです!
慣れないバス。。。バスの時間を中心に支度することに慣れるのに、もう少しかかりそうです。

ホストファミリーの周りの環境はというと、家の窓から見える景色はすごく穏やかで、Punaturkku(おなかの赤い鳥)やTalitinti(おなかの黄色い鳥)などが代わる代わる家の木に止まりに来たり、すぐ目の前をLangenkoskiという川が流れています。その側には、ロシアのアレキサンドラ3世(たぶん3世)が過ごしたと言われているコテージがあり、名所のひとつになっています。

3月になり雪も溶けかけてきて、引っ越して早々こんなダイナミックな雪解けを見ることができました!

b0202018_835327.jpg


b0202018_8364110.jpg


この水が勢いよく流れている境目の雪の厚みに圧倒されました!
しかも、この雪が解けた急流の中にカモも羽を休めに来ているという!
本当に休まるんだろうか。。。^^;

毎日幼稚園の行き帰りのバスからこの雪解けが見れるので、どんな風に溶けていくかチェックしたいと思います:)
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-03-24 08:41 | Suomi フィンランド

vanhojen tanssit 高校2年生のダンス

2月の中旬になると、高校3年生が卒業前に仮装したりしてトラックにみんなで乗り込んで町を回るというPenkkarit(高校最後の日のお祭り)というイベントが各地で行われます。

その次の日が、高校2年生の子たちがいろいろなダンス(社交ダンス、伝統的なダンス、オリジナルダンスなど)を踊るVanhojen tanssitというイベントです。

幼稚園の先生の息子さんも今年ちょうど高校2年生ということで、誘ってもらい一緒にそれを見に行けることになりました。

高校の体育館で開かれていて、たくさんの親御さんや友だちなどが見に来ていました。

高校生たちは、みんなドレスアップして登場!

b0202018_7152138.jpg


みんな花嫁&花婿か!?

といわんばかりの素晴らしすぎるドレスアップにびっくりしました!
先生の話いわく、昔はおばあちゃんおじいちゃんの古いドレスを借りたりして参加したけれど、最近はパーティードレスできらびやかに参加するスタイルが主流になってきているそうです。

にしても、みんな本当に高校2年生とは思えない。。。☆

女の子も背が高い子が多く、


ここは、ブライダル展示会!?
b0202018_7164113.jpg



というくらいきれいだったです☆

ダンスは全部で7~8種類くらいあり、男女ペア(女の子のペアもいました)で踊ったり、4人一緒に手をつないで踊ったりします。

b0202018_7184322.jpg


b0202018_7193448.jpg


みんな最後まで失敗なしで頑張って踊っていました!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 07:19 | Suomi フィンランド

2月のチューリップ

Suomessa tehty(フィンランド産)と書かれたチューリップが、2月の初め頃より花屋や市場に並び始めました。

b0202018_65712100.jpg

もちろん外はまだ雪雪雪:Dなので、きっとハウス栽培ですが。

日本では3月~4月にかけてというイメージが自分であったので、フィンランドのチューリップはやや早いんだなという感じですが、春のイメージの花を見ると気持ちまで「春なの?もう、春来てるの??」と少しわくわくします。

幼稚園の先生も「春になると、虹がよく見れるから"I can sing a rainbow”の歌を幼稚園でも歌うんだよ」とおしえてくれました。

そんななか、この間幼稚園まで行く道の途中、


b0202018_658773.jpg

虹が。。。!!


チューリップといい、虹といい、段々春のアイテムが揃いつつあるフィンランド。
まだまだ雪と極寒は続いていますが、きっともうすぐフィンランドも”春”です:)
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 06:58 | Suomi フィンランド

I♥馬

フィンランドの子どものおもちゃでよく見かけるもの。

馬と馬小屋のお世話セット&乗馬遊びセット!

日本でもたまにかわいい馬の人形が売られていますが、その比にならないくらいこっちではたくさん売られている印象があります。

馬を自分の家や近くで飼っていたり、乗馬する機会があったりと子どもの時から馬にふれる機会が一般的に言って日本より多いためかなと思っています。

そんな馬ラブ♥な子が多いフィンランドですが、この間乗馬クラブのイベントに誘ってもらい見に行ってきました。
気温-23度の中、3時間ほとんど外(!)のような場所で見学していたせいか、その後もれなく鼻かぜを引きましたが^^;、私も馬に久しぶりに触れたり乗ったりすることができ、うれしかったです:)

乗馬体験のイベントでは、練習場の中を3周させてもらえます。(2ユーロ)

その合間に、乗馬を練習している子たちの発表イベントがあったり、2チーム対抗乗馬レースがあったりして見がいがありました!

b0202018_5594646.jpg


b0202018_602524.jpg


b0202018_611210.jpg


b0202018_622799.jpg


b0202018_63961.jpg




次にお世話になるホストファミリーのお母さんがこちらでずっと働かれていたので、私もまた行く機会があったら、馬に会いたいです:))鼻がやわらかくて特に好きですw
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 06:03 | Suomi フィンランド

2月のフィンランド

来るまでは、2月はすごく寒くてまだ暗さも残ってるんだろうと勝手に思っていましたが、2月になって思った以上に日も長くなりました!

10月の終わりからなんだかんだ言って、ずっと続きそうな暗さと寒さと曇り空に包まれていたフィンランド(勝手なイメージですが^^;)。
何度が気持ちが落ち込みましたが、最近は7時30分前から明るくて夕方は6時前くらいに暗くなるという日の長さと、日中の太陽のまぶしさを久しぶりに感じられるようになってきて、

b0202018_4473463.jpg



なんか、冬乗り越えたかも^-^ !

b0202018_4434063.jpg



と、気持ちも少しずつ明るくなってきています。

フィンランドの人も同じようで、冬の暗い時期よりみんなの雰囲気がワクワクに見える時がちょっと増えてきたみたいです。


幼稚園のAnne先生に誘われて、夕暮れのいい景色も撮りに行きました。
場所は、Munkkisaariというところです。

森と日暮れと川の流れがこんな近くで見れる、いいところです。
ここは、流れが早いためか極寒でも川が流れ続けていました。

b0202018_4571186.jpg


b0202018_4575330.jpg


写真好きのAnne先生。カメラも本格的です。二人とも40センチくらいはある雪に時々足をとられながら、ジーパン一枚で撮り続けました:D
b0202018_4584994.jpg



2月=よーし!という気持ちになれる季節だな、と思います。
b0202018_523163.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 05:02 | Suomi フィンランド

カレワラと子ども文化週間

2月7日~27日まで、Lastenkulttuuriviikko(子ども文化週間)がKotkaで開かれています。
幼稚園からも3つの催しを見に行きました。(いろいろなダンスの紹介イベント、「長靴をはいた猫」の人形劇、チェロとピアノの演奏会)

これは、Vinoprinsessa(ななめのプリンセス)という音楽会の催し。
おどけたプリンセスとそのお妃がサンサーンスの「白鳥」など有名なクラシックの曲を演奏してくれました。
b0202018_3561152.jpg


いろいろなところに隠れては、出てくるプリンセス。
b0202018_3595823.jpg


生の音はやっぱりすごかったです。
b0202018_411919.jpg


これは、いろいろなダンスが紹介されたうちのひとつ。創作ダンスでみんなの息が合っていて、幻想的でした。
b0202018_428367.jpg


図書館でも文化週間のひとつで、フィンランドの叙事詩「カレワラ」についての展示会が開かれていて、カレワラの世界が見て、体験できるように作られていました。

b0202018_359144.jpg


b0202018_415896.jpg


b0202018_461141.jpg


b0202018_481720.jpg


b0202018_49279.jpg


感想は、


。。。大きい!!ひとつひとつのサイズが大きい!

カレワラは「フィンランド語の文学のうち最も重要なもののうちの一つで、フィンランドを最終的に1917年のロシア帝国からの独立に導くのに多大な刺激を与えたとされている。名称は「英雄の地」の意」です。(wikipediaより)

子どもたちが自分の国のことを知ったり、いろいろな文化イベントに触れたりするきっかけを与える意味での文化週間。そういうところに意識を持っているのはフィンランドらしいなと思いました。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 04:23 | Suomi フィンランド

Nordic travel fair

毎年1回HelsinkiのPasilaという場所の近くで開かれているらしい、この「Matkamessut」(そのまま訳すと旅行見本市だけど、サブタイトルはNordic travel fairでした)を見に行ってきました。
今年の日にちは、1月20-23日の間でした。

会場はMessukeskusという大きな建物です。
HelsinkiのKamppiという総合施設と駅の間くらいから出てるトラムで行けます。(7Aか7Bか9)

b0202018_6563189.jpg



b0202018_70114.jpg


入場料は13ユーロで、中に入るとフィンランドゾーンと外国ゾーンに分かれていて、ものすごい数のコーナーが作られていました。ちなみに上には、オランダのコーナーです:)

以前フィンランドの友だちに連れて行ってもらった、「本当にここはフィンランドなのか?!」という巨大ショッピングモールを兼ね備えたTuuriももれなく参加していました:D
b0202018_725570.jpg



そして、日本コーナーらしきのぼりも見えてきました。
b0202018_735580.jpg


このコーナーは大使館がメインですすめていたようで、日本人の人が水引やおりがみなど紹介していました。鳥居とか久しぶりに見ました!
b0202018_752881.jpg


違う場所には、もうひとつの日本コーナーが。ここは、japania ry.という日本好きのフィンランドの人たちのコーナーです。以前に書いたあの冊子を発行しているところです。
b0202018_7742100.jpg


着物の展示もきれいでした:)

b0202018_710749.jpg


来年もきっとあると思います。1月にフィンランドに来る場合は、行ってみると面白いですよ☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-02 07:11 | Suomi フィンランド

Japani 愛 Suomi

と書いていただいた新聞をもらいました。

意味は、「日本 愛 フィンランド」です:)

そう、載せるのか遅くなりましたが、先日幼稚園の園長先生の計らいで地元の新聞記者の人にインタビューしてもらい、その記事を新聞に載せてもらうという機会がもらえました☆


「サウナについてどう思う?」「フィンランドにおけるコーヒーの印象は?」「日本とフィンランドの人たちの性格についてどう思う?」などの質問がありました。

しかも、写真撮影は幼稚園の駐車場の雪の山の側に椅子を置き、習いたてのカンテレを無理やり(?)弾きながらとなり、「ありえないでしょ!」というようなシチュエーションになりましたが、フィンランドに来たという証が残せれてよかったです。

b0202018_831272.jpg



さらに、以前Helsinkiの日本食レストラン「古都」で開かれたjapania ry.という日本好きのフィンランドの人たちの集まりの方にも「思い出になったらいいなということで」と声をかけてもらえ、自分のことについての記事を書かせてもらうことができました:)

b0202018_861098.jpg

これが、その集まりの方たちが年に何回か発行している冊子です。

b0202018_871914.jpg

隣には、東京で開かれたHiramekiのデザイン展覧会のことについて書かれています。


ありがたいことがたて続きで、なんだかこの先怖いですが^^;感謝をちゃんと伝えてこれからも過ごしていきたいと思います!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-01 08:10 | Suomi フィンランド

フィンランドのことわざ

この間、Helsinkiで「Jananilaisia ja Suomalaisia sananlaskuja(日本とフィンランドのことわざ)」という本を買いました。

b0202018_819895.jpg


しかも、日本語を勉強しているフィンランドの友だちに本を見せたら、
「私、実はこの2版が出る時に、パソコンで打ち直して日本語とフィンランド語を照らし合わせたんだよ」とのこと!!


。。。やっぱり、友だちすごすぎ☆

と再確認した本なのですが、この内容もおもしろいです。

日本にもフィンランドにも似たような言い回しのことわざがたくさんあることが分かって、しかもフィンランド独特のことわざでけっこうおもしろいのを見つけました。


”Oma maa mansikka,muu maa mustikka"(自分の国は苺、他の国はブルーベリー)
⇒自分の国を愛してる気持ちが伝わることわざ:)

"Makkara on suosituin suomalaisen vihannes"(ソーセージはフィンランド人に一番好まれている野菜である)
⇒(笑)フィンランドが心臓病による死亡率が高いことと、野菜を食べることを政府がすすめている中で、なかなか食生活を変えるのは難しいという思いからできたことわざのようです。

”Metsa:lla on korvat ja ja:rvella: silma:t"(森に耳あり、湖に目あり)
⇒これを見つけた時は、「すごい!」と思いました。フィンランド版、”壁に耳あり、障子に目あり”です!さすがフィンランド、森と湖になってます:D

いつか、自然にことわざが出てくるように少しずつ覚えていきたいです。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-01-27 08:19 | Suomi フィンランド