ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

カテゴリ:suosittelu おすすめ( 30 )

Seurasaariの夏

Helsinkiの目抜き通りにあるStockmanというデパートの前か、駅の近くのSokosというデパートの側から出ている24番のバスに揺られること、20分ほど。

野外博物館としても知られるHelsinki人にとっても憩いの場所、Seurasaariが見えてきます。

バス停からすぐにある橋を渡ると自然あふれる島に到着です。
Helsinkiの街からそんなに離れていないのに、町に近いということを忘れそうになるくらい穏やかで深呼吸のできる場所で、ピクニックにも最適です。

島に入ると、そこら中からちょこちょことやって来たリスたちが迎えてくれました。
b0202018_049527.jpg


Seurasaariの紹介にもここの島にリスがたくさん生息していることが書かれています。
やはり多くの人が出入りする場所のためかリスたちも人慣れしていて、大分近くまで寄ってきていました。
b0202018_0522773.jpg


この野外博物館の建物は1600年代~1800年代に使われていたフィンランド各地の建物が移築されていて、木の教会や家畜の小屋などを身近に見ることができます。建物によっては中にその時代の服を着たガイドの人がいて、その建物の歴史などいろいろおしえてもらえます。

b0202018_0582694.jpg


昔の一般的な住居の中を見に行くと、ガイドの人が「寒い冬は暖炉の上の空間を使って布を敷き、寝たりしていたんですよ」とおしえてくれ、寒さ厳しいフィンランドの過ごし方の工夫が垣間見れました。

b0202018_0584519.jpg



建物の見学の後は、広場で行われているkäsityömarkkinat(ハンドメイドマーケット)を見に行きました。

ここでは昔の時代に来ていた衣装を身に着けた人たちが、いろいろな手作りのテントを出していました。
b0202018_12191.jpg


白樺の木の皮から作られた星の形のクリスマスの飾りやカバン、レースを使った作品、伝統の織り方で作ったベルトなど、ワクワクしながら見てまわりました!
b0202018_14293.jpg


白樺素材のカゴは日常生活でも普通に使われていて、買い物カバンのひとつや毛糸の靴下グッズを入れて置いたり、暖炉の側の薪入れになっていたりと、フィンランドの人たちの生活に溶け込んでいます。
私もひとつ自分用に欲しかったのですが、結構持ち運ぶのに大きいことと帰国の時に困るだろうということで、今回は買うのをやめておきました。

こんなカゴや木の製品も並ぶ屋外マーケットは定期的に夏の間を中心にフィンランド各地の市場で開催されているので、足を運んでみると面白いです。


ハンドメイドマーケットの側にはカフェもあり、おいしいキッシュも食べることができて満足満足のSeurasaariでした。
b0202018_113405.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-09 01:13 | suosittelu おすすめ

Tilli(ディル)のすすめ

フィンランド料理にはTilli(ディル)という香草が欠かせません。

サーモンスープや、サラダ、オーブン焼きのスパイスなどいろいろな料理に使われていて、この味がないと何かパンチが足りないな~という、まさに影の主役です。

そんなTilli、日本でも売っていますがスパイスのコーナーに乾燥状の粉はあるものの、なかなか生の状態では見かけられません。


フィンランドのスーパーでは野菜のコーナーに2~3種類は常にTilliが並んでいるので、生食を求めていた私にはパラダイスでした!

b0202018_0211340.jpg


夏の間、夏期大学でHelsinki滞在中に何度「生Tilli」を買いに行ったことか。

日本でも普通にスーパーに売っててくれたらな~。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-09 00:21 | suosittelu おすすめ

ナイトミルク☆

以前に、フィンランドには夜に牛の乳を搾った種類の牛乳がある、と聞いたことがありました。

詳しくは分かりませんが、なんでも夜絞られた牛のお乳にいい成分が入っているんだとか。

私のイメージでは、夜に飲むと”リラックスしてよく寝れそう”☆


今のところスーパーではAnttilaというところでしか見つけていなかったのですが、今回最寄りのPrismaというスーパーでもついに発見できたので、初めて買ってみました!


b0202018_536068.jpg


フィンランド語で「yömaito」(ナイトミルク)のこの牛乳、味は日本の普通の牛乳よりももう少し甘めで軽めな感じがしました。

そう、フィンランドの牛乳の味は”甘い”!

rasvatonmaito(無脂肪乳)が普段よく飲まれているためか、そう感じることが多いです。
ちなみに、フィンランドの牛乳パックなどの乳製品にはlaktoositon(乳糖なし)と表示されているものがよくあります。
laktoosi(乳糖)が入っている製品だとおなかを壊しやすい人向けに売られているのですが、フィンランドではチーズやヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品が日常的にたくさん食べられているため、乳糖におなかが耐えられない人の割合が日本より多いのでは。。。?それで、このlaktoositonタイプの製品がたくさん売られているのでは。。。?と、

勝手に思っています:D


さらに、これにはvähälaktoositon(やや乳糖入り)というタイプもあり、アイスの包みの表示にもそれが書かれています。

フィンランドの友だちから聞いたのはブランドによって表示の言葉が違うとのことで、

Ingmanという白くまマークのブランドのアイスには"hyla"、Varioというペンギンマークのアイスには"into”と書かれていて、どちらもvähälaktoositonという意味だそうです☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 06:04 | suosittelu おすすめ

Helsnkiでもできるんです、花見☆

長らくブログから姿を消していて、ごめんなさい^^;

今日ようやく幼稚園の活動が一息つきました。その間にも伝えたいことがたくさんできました!まずは、桜情報から☆

前に紹介したKotkaの桜ですが、あれから1週間の間に一気に満開になりすぐ葉桜になってしまいました!さすが、春の季節の移り変わりが早いフィンランドです。

HelsinkiでもRoihuvuorenpuisto(ロイフブオリ公園)という場所で5月に「花見」イベントが開かれるんです☆
今回はついに念願叶って参加することができました:)

b0202018_7473640.jpg



イベントの日には公園の桜も見事に葉っぱだけになっていましたが(笑)、お弁当とピクニックシート持参でイベントを楽しみに来ているフィンランド人、日本人、いろんな国の人人。。。なんだか本当に日本の花見を思い出して、感動しました☆



イベントでは、武道の実演・パラパラダンス・Helsinki大学のキャラバン隊による日本の歌の合唱ななど日本に関係する催しがたくさんありました。

会場を囲むように茶道裏千家の野点ブース・フィン日協会のブース・草月流フィンランド支部(?)の生け花のブース・お寿司などの屋台ブースなどがあり、フィンランドにこんなに”日本”があることに感激☆

b0202018_7495775.jpg


b0202018_7512788.jpg


b0202018_7525243.jpg

ピンクのかばんも花瓶に! CDも飾りのひとつとして使われてました、斬新:D

Helsinki大学の友だちにも会えて(浴衣を着ている子も!)、友だちが歌った合唱曲「さくら」「ふるさと」「君をのせて」のハモりを聴きながら、やっぱり心の「ふるさと」は日本だな~とじんわりきた、思い出にのこるいい日でした!


※Roihuvuorenpuisto(ロイフブオリ公園)の花見情報ページです。Helsinkiの中心部からの交通手段なども書かれています☆ 
⇒http://kaupunginosat.net/roihuvuori/index.php?option=com_content&task=view&id=2200&Itemid=896
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-02 07:58 | suosittelu おすすめ

フィンランドでの生活必需品☆

日本を出発する前の不安のひとつに、

「コンタクトの洗浄液とか薬とか基礎化粧品とかって、どんなのが売ってるんだろう。どこで手に入るんだろう。。。」

という本当に素朴な疑問がありました。

最初最低3か月は生活できるように必要なものはあらかじめ日本で買っておいて、それから生活して慣れていくなかで少しずつ自分に合うものを探していこうと、ややびびりながらの出発でした。

最近ようやく身の回りの物の大部分をこちらで買って行けそうだな、と思えるようになってきたので、紹介したいと思います。

b0202018_758555.jpg


ここにあるのは、目薬(silma:tipat)、コンタクトの洗浄液(piilolinssien puhdistusneste)、乗り物酔い止め(pahoinvointi la:a:keで通じると思います)、洗顔フォーム(kostettava kasvopesuなど)、乳液、手指の消毒液(ka:sidesi、フィンランドでも以前流行したインフルエンザの時から年中通して売られているとのこと)、オレンジのは髪に合うか試し中のトリートメントクリームです。

ただ、スーパーで何でもかんでも種類豊富に売られているというわけではなく、それぞれの専門店に行き選ぶことが多く、またそれぞれのお店が微妙に離れた場所にあったりします。

どのお店が何時まで開いているか(大体17時~18時辺りまで)事前にチェックしてから行かないと、急に必要になった時にすぐ買えない!ということになるので、余裕を持って買っておくにこしたことはないです☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-05-14 08:24 | suosittelu おすすめ

Heinahattu ja vilttitossu

日本でも「ヘイフラワーとキルトシュー」というタイトルで訳されて映画DVDが売られていますが、原文の絵本「Heinahattu ja vilttitossu」シリーズはフィンランドでもよく知られています。

幼稚園でも就学全教育クラスの子たちが読み聞かせを聞いていたり、図書館でも絵本の朗読CDが置かれてたりします。

映画と絵本の内容はまた違う感じで、絵本の方は主人公がややつっぱねてるイメージですがこっちも好きです:)

b0202018_7274821.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-05-04 07:29 | suosittelu おすすめ

一年の頂点、それがVappu

5月1日にフィンランド版メーデーのVappuが祝われました。

このVappuの象徴のひとつ、白い帽子(ylioppilaslakki)を被った老若男女や、大学の各学科のつなぎ、たくさんの風船、紙テープの飾り、Simaという飲み物、ドーナツ系の食べ物(Munkki, Rosetti, Tippaleipa:など)などをいろいろな場所で見かけました!

私も幼稚園の子どもの親さんに誘われ、ホームパーティーに参加させてもらい、お礼に焼き餅を紹介したりし、Simaを6杯は飲んできました:D
b0202018_6581370.jpg


そして、前日から町はVappuに向けて少しずつ盛り上がりを見せ、Helsinkiではアマンダ像という銅像にも帽子を被せ学生たちで泡まみれになりながら像を洗い、当日はKaivopuisto公園でピクニックを楽しむ、という流れでした!
b0202018_639580.jpg



春が少しずつ訪れ、みんなの気持ちもVappuのお祭りではじけるのか?!と思いきや、
やや寒かったこともあってか、はじけすぎずフィンランドらしい(?)「淡々と盛り上がる」という印象でした:D

コンサートでも催しでもみんな心の盛り上がりをそこまで大きく外に出さず自分の中で盛り上がり、それが終わると余韻の「よ」の字の前にささーっといなくなるというフィンランドの人のスタイルなのかも、とよく思います:D
              
ホストファミリーのおじいちゃんいわく、「Vappuの時期は天気が悪いのが当たり前」という予想も大当たりし、前日はひょう、当日はみぞれというすばらしい天候!

と、これを聞く限りでは楽しくなかったのでは?という感じですが、けっこう楽しくて自分の中では満足満足のVappuでした☆

幼稚園でもVappuに向けて色紙を風船の形に子どもたちが切ったものを飾ったり、風船や紙テープをデコレーションしたりしました。
b0202018_6343654.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-05-04 07:10 | suosittelu おすすめ

離乳食グルメ

先日、被災地にフィンランドで暮らす日本人のママさんたちからフィンランド製の調整済みミルクパックが届いたというニュースがありました!

そんな、フィンランドのレトルト離乳食事情を少し紹介したいと思います。

スーパーで売られているレトルト離乳食の瓶は125グラム入りのミニタイプが約0.3ユーロ、もう少し大きい瓶になっても0.8ユーロくらいの値段になっています。

b0202018_701891.jpg


味も「Ruusunmarjaa ja pa:a:ryna:a:(ローズヒップと梨)」「kuningatar(ブルーベリーとラズベリーの組み合わせで、それをkuningatar(女王)と呼んでいます)」などいろいろな組み合わせがあり、面白いです。

以前幼稚園の先生と話していて知ったことですが、フィンランドでは「Perunasose(マッシュポテト)」味から離乳食がスタートするらしいです!
じゃがいもが主食のひとつとしてよく食べられているので、すごく納得でした:D

しかも、幼稚園の先生が昼食のデザートに離乳食のフルーツ味の瓶を持ってきていて(先生は一日4ユーロ食事代として払うため、自分で昼食を持参する先生もいます)、興味がわいたので自分も試してみることにしました☆
私が買うと、本当に必要な赤ちゃんたちになんだか申し訳ない気もしますが^^;

フルーツ味のもののみ試しましたが、味は優しくて濃すぎず食べやすかったです。
b0202018_722152.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-07 07:02 | suosittelu おすすめ

2月の海歩きとカフェ

今だに自分一人では歩けませんが、フィンランドの人と一緒だとやっと海の上を歩くのに慣れてきました:)

b0202018_7202328.jpg


何を信じるかって、「氷の厚み1メートルはあるから、大丈夫だよ!あそこ(海の上)車も通ってるし」という言葉のみです:D
あとは、人の足跡の上を歩くと気持ち安心感があります。

b0202018_7211984.jpg


2月は太陽も出る時間が増えてきて、「きっと氷も薄くなってて危ないんだろう。。。」と勝手に思っていましたが、意外と犬を連れて散歩したり、スキーをしたり、近くの島まで行ったりとアクティブに海の上を歩き回っている人たちが多いです。

その年の寒さなどにもよると思いますが、冬のフィンランドの海の散歩けっこう新鮮でおすすめです☆(歩く前に地元の人に氷の状態とか聞いてからの方がいいかもしれませんが^^;)

b0202018_727512.jpg


b0202018_723422.jpg

子どもたちと先生たちとそりを持って、海の中に浮かぶ島の坂を滑りにも行きました:)これも海の上です☆


さらに、私が今いるKotkaの海沿いにはカフェがけっこうあり、テラス席も完備されているのでカフェでおいしいケーキやpulla(菓子パン)とコーヒーをいただきながら、海の景色を眺めるなんていう過ごし方もいいです!

<おすすめカフェ>
・Segeli⇒割と高くない値段で、大きめのケーキが食べれます:)併設のavanto(冬の海に穴を開けて入るものです!)と脱衣場もあり、水着着用でカフェの目の前で人がつかってます:Dガラス張りのテラス席もあり、ちょっと寒いですが海の眺めがいい感じです。

b0202018_7291846.jpg


これが、そのavantoと脱衣場!
b0202018_7282330.jpg


・Tulikukko⇒席数が多く、暖炉つきの温かい部屋か海に面したガラス窓つきのテラスか座る場所が選べます。ケーキやコーヒーは少し高めですが、眺めは最高です。

写真はTulikukko:)
b0202018_7181032.jpg
b0202018_7185443.jpg


・Meri cafe Kristina⇒水族館に併設していて、毎日9時~18時(たぶん)くらいまで開いています。日曜日行く場所に困った時はこの長い営業時間がありがたいです!値段も大体カフェの平均です。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-03-03 07:29 | suosittelu おすすめ

フィンランドのおすすめTV

最近少しずつ、お気に入りのTV番組が増えてきました。

私のおすすめは、

・Putous(お笑い番組)
・Idols(一般の候補者の中から歌がうまい人を発掘する番組)
・Suomen paras kuoro(各地のコーラスグループの大会番組)

などですが、その中でも今注目しているのがこの人☆


Munamies!

b0202018_735548.jpg



直訳そのままの”たまご男”なのですが:D、ヘリウムガスを吸ったと思わせる異様に高い声と、本当は長身なのにかなり小さくなって頑張っている、その今までになかったキャラクターにフィンランドの人も注目してるみたいです。

お笑い番組の勝ち抜きトーナメントに参加しているMunamies。
毎回、ホストファミリーの女の子と「今回は、Munamies勝ち残ってる?」「やった!残った!」など、行方を見守っています:D
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-02-25 07:35 | suosittelu おすすめ