ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フィンランド版!どちどちどちらにしようかな☆

どちどちどちらにしようかな♪ シリーズがフィンランドにもたくさんあります!

どのくらいあるのかは定かではありませんが、友だちや幼稚園の先生から教えてもらった言い回しを紹介します。


「enten tenten teelika menten, hissun kissun vaapula vissun, eelin keelin klot, viipula vaapula vot, puh pah pelista: pois」

b0202018_6442430.jpg


「enten tenten tepe tepe tee, kissalauma etenee, antan tantan tapa tapa taa, viiksen ka:rjet vipattaa」

b0202018_649376.jpg


続いて、ちょっと言い回しのタイプは違いますが、大事な友だちがおしえてくれたのを紹介します!

「hattulan pappilan apupapin papupata, pankolla kiehuu ja kuohuu, tuoretta kuoretta merikalan rasvaa」

b0202018_655266.jpg


「maalari maalasi taloa, sinista: ja punaista, illan tullen sanoi ha:n, "nyt ma: la:hden ta:sta: pelista: pois", puh pah pelista: pois」

b0202018_6592551.jpg



☆おまけ☆
フィンランド版「ちちんぷいぷい」!

「Sim sala bim !」

b0202018_74766.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-26 07:04 | Suomi フィンランド

イースターの草の観察日記

Pa:a:sia:inen(イースター)のたまごに引き続いて、この時期のシンボルのひとつになっているもののひとつで”Rairuoho(ライ麦の草)”があります。

ホストファミリーの家でも幼稚園でもPa:a:sia:inenの休日の2週間ほど前からこの草の種を箱の中にまき、育て始めました。

私にとって初めての経験だったので、観察記録をつけてみました:)


<プロセス1>
箱や平らな皿などに園芸用の土をしき、その上にRairuohoやHerne(えんどう豆)などの種をまき、水をあげる。

b0202018_542106.jpg

これはホストファミリーのおばあちゃん作。ホールケーキのプラスチックのふたを容器にして、雑誌の切り抜きを貼ってアイデア満載です!

b0202018_5503194.jpg

これは幼稚園のリス組。牛乳パックの再利用です。

b0202018_5553912.jpg

ウサギ組です。子どもたちが薄い紙を丸めてデコレーションしました。


<プロセス2>
種をまいて、毎日水をあげていると3~4日で芽が出て伸びてきました:)

b0202018_61482.jpg



<プロセス3>
それから2~3日すると草がどんどん伸びていくため、平らにはさみでカットしてならしていきます。

b0202018_683060.jpg

そして、ホストファミリーのおばあちゃんはひよことたまごを飾りつけていました:)


放っておくと、こんな感じになります:D 
b0202018_6133122.jpg

子どもたちはイースター休みの少し前くらいにそれぞれの家に持ち帰っていました。


<番外編>
ネコヤナギの枝に羽やカラーモールなど飾りつけたものも、シンボルのひとつでこれを持って子どもたちがイースターの一週間前のPalmusunnuntai(聖枝祭)という祝日に近所の家を歩いて回り、ハローウィーンのようにお菓子をもらったりしていました。

お菓子をもらう時に唱えることばは、

Virvon varvon tuoreeks terveeks tulevaks vuodeks, Vitsa sulle, Palkka mulle !

です、長い!:D
魔女やひよこなどの仮装をして回るのもスタイルのひとつのようです☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-20 06:27 | Suomi フィンランド

離乳食グルメ

先日、被災地にフィンランドで暮らす日本人のママさんたちからフィンランド製の調整済みミルクパックが届いたというニュースがありました!

そんな、フィンランドのレトルト離乳食事情を少し紹介したいと思います。

スーパーで売られているレトルト離乳食の瓶は125グラム入りのミニタイプが約0.3ユーロ、もう少し大きい瓶になっても0.8ユーロくらいの値段になっています。

b0202018_701891.jpg


味も「Ruusunmarjaa ja pa:a:ryna:a:(ローズヒップと梨)」「kuningatar(ブルーベリーとラズベリーの組み合わせで、それをkuningatar(女王)と呼んでいます)」などいろいろな組み合わせがあり、面白いです。

以前幼稚園の先生と話していて知ったことですが、フィンランドでは「Perunasose(マッシュポテト)」味から離乳食がスタートするらしいです!
じゃがいもが主食のひとつとしてよく食べられているので、すごく納得でした:D

しかも、幼稚園の先生が昼食のデザートに離乳食のフルーツ味の瓶を持ってきていて(先生は一日4ユーロ食事代として払うため、自分で昼食を持参する先生もいます)、興味がわいたので自分も試してみることにしました☆
私が買うと、本当に必要な赤ちゃんたちになんだか申し訳ない気もしますが^^;

フルーツ味のもののみ試しましたが、味は優しくて濃すぎず食べやすかったです。
b0202018_722152.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-07 07:02 | suosittelu おすすめ

イースターのたまご

フィンランドでは、イースター(復活祭)のことをPa:a:sia:inenと言います。

3月の半ばよりいろいろな場所で、ひよこやうさぎの小さな飾りやたまごの殻にカラフルな色が塗られた飾りを見かけるようになりました。

今年のイースターの日は4月24日ですが、その前後が公的な休日になっています。
4月21日(木)⇒Kiirastorstai(キリスト教の”聖木曜日”で、最後の晩餐を記念した日とも言われています)
4月22日(金)⇒Pitka:perjantai
4月23日(土)
4月24日(日)⇒Pa:a:sia:ispa:iva:
4月25日(月)⇒2. Pa:a:sia:ispa:iva:

公的には金曜日~月曜日が休日にあたるようですが、幼稚園は木曜日も休日になっています。(木曜日は、保育は受け付けるとのこと)


そんな、イースターのひとつのシンボル、たまごの飾りをpupu(うさぎグループ)の2~4歳の子たちも作りました。

b0202018_19334794.jpg


じゃがいものスタンプでカラフルになっています:)

まだ、数日前にドカっと雪が降ったKotkaですが、そろそろ雪も溶けはじめてきて春が来そうです!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-04-03 19:35 | leikkikoulu 幼稚園