ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Helsinkiへの引っ越し☆

実は、幼稚園から6月・7月と約2か月の夏休み期間をもらえ、先日


Helsinkiの郊外に引っ越しました!


Helsinkiの夏期大学のフィンランド語講座が受講できることになったので、その期間に合わせての引っ越しのため、全部の荷物を移動させたわけではなく大半の荷物はKotkaにあるのですが。。


学生アパートの3つ個人部屋がついていて共同キッチンと共同トイレ・シャワーという「Solu(
直訳だと”核”、他の意味だと”小さな集まり”)」タイプの部屋割りです。

夏の間のみの住まいですが、この学生アパートは基本的に個人部屋に棚以外の家具がついていないので、必要最低限の物を整えるのに1週間かかりました^^;

<Before>
b0202018_2133592.jpg

あるのは窓とカーテンレールのみ!
電気もないので、プラグに合う形の電気を探して来ないといけません。

ちなみに、これが部屋の電気のプラグのタイプです。参考のため載せておきます☆
b0202018_21382188.jpg


b0202018_21342548.jpg

棚はたっぷり収納です。

<After>
b0202018_2141566.jpg

またここから少し進化するかもしれませんが、今のところやっぱりスーツケースが机代わりになってます:D


学生アパートにもいろいろタイプはありますが、私はHoasというところから申請しました。
家賃は水道代、電気代全部込みになっています。

ちなみに、ここのアパートの左側が大学の生物学部(?)の研究エリアになっていて、自然がいっぱいです!
b0202018_2148263.jpg


生き物もいるので、また次に紹介します!

では、今からアパートの洗濯場から洗濯物を取りに行ってきます。。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 21:49 | Suomi フィンランド

夏の夜空観察日記☆

段々と夏至に近づいてきているフィンランド、日もぐんぐん伸び最近は夜中の12時30分でもうす青い空が続き、太陽のある方角の空の端はなんだかほんのり赤みがかかった感じになってきています!

ホストファミリーのおばあちゃん曰く「夜でも外で本が読める」とのことで、本当にその言葉の通りだなというくらいの”うす明るさ”です。


”うす明るい”というのは、私がフィンランドに来る前にイメージしていた「夏の夜は12時近くぐらいまで昼間に近いくらいの明るさなんだろう」という勝手なイメージに対しての感想ですが、


それにしても、


きれい。。。。。☆


ここ3日間、久しぶりの雨の日が続き夜も曇りがちでやや寒かった(13度くらい)のですが、今日の夜空は割とすっきり晴れて、雲の切れ間からしっかり”うす明るい”夏の空が見えました。


これは、23時の空。
b0202018_6203379.jpg



そして、それから1時間後の夜中の0時の空。さらに晴れてきて、よりくっきり雲と空の境い目が写っています。
b0202018_6225226.jpg



さらに、0時30分の空。
b0202018_7203523.jpg


ああ。。。きれい。。。。。☆


さらにさらに、1時の空。ちょっとうす暗くなったかな。でも、この感じだとこのまま夜が明けていきそうな予感。。。
b0202018_7223213.jpg





明るくなってくるまで観察を続けたいところですが、夜型タイプを少しでも直すためにもそろそろ寝ます。

これは、うっかり夜中に目を覚まして「え、今どっち?昼?夜中?!」なんてことになりかねない。。。わけないですね:D


来週の夏至の時期には、北に行って本当の”白夜”がどんななのか体験してくる予定を立てています!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 07:22 | Suomi フィンランド

ナイトミルク☆

以前に、フィンランドには夜に牛の乳を搾った種類の牛乳がある、と聞いたことがありました。

詳しくは分かりませんが、なんでも夜絞られた牛のお乳にいい成分が入っているんだとか。

私のイメージでは、夜に飲むと”リラックスしてよく寝れそう”☆


今のところスーパーではAnttilaというところでしか見つけていなかったのですが、今回最寄りのPrismaというスーパーでもついに発見できたので、初めて買ってみました!


b0202018_536068.jpg


フィンランド語で「yömaito」(ナイトミルク)のこの牛乳、味は日本の普通の牛乳よりももう少し甘めで軽めな感じがしました。

そう、フィンランドの牛乳の味は”甘い”!

rasvatonmaito(無脂肪乳)が普段よく飲まれているためか、そう感じることが多いです。
ちなみに、フィンランドの牛乳パックなどの乳製品にはlaktoositon(乳糖なし)と表示されているものがよくあります。
laktoosi(乳糖)が入っている製品だとおなかを壊しやすい人向けに売られているのですが、フィンランドではチーズやヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品が日常的にたくさん食べられているため、乳糖におなかが耐えられない人の割合が日本より多いのでは。。。?それで、このlaktoositonタイプの製品がたくさん売られているのでは。。。?と、

勝手に思っています:D


さらに、これにはvähälaktoositon(やや乳糖入り)というタイプもあり、アイスの包みの表示にもそれが書かれています。

フィンランドの友だちから聞いたのはブランドによって表示の言葉が違うとのことで、

Ingmanという白くまマークのブランドのアイスには"hyla"、Varioというペンギンマークのアイスには"into”と書かれていて、どちらもvähälaktoositonという意味だそうです☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 06:04 | suosittelu おすすめ

Kotkaのおすすめレストラン

Kotkaは海に面している街ということで、ボートが港の船着き場にたくさん並んでいる風景がよく見られます。

真冬は海が凍るので船も各々家の倉庫や違う場所へ移動させてありますが、春の訪れとともにまた並びだす、船、船、船。。。

b0202018_574293.jpg


写真で見るとそんなにたくさんには見えませんが^^;、ひとつの船着き場に50はあるんじゃないかというぐらい戻ってきています。


そんな海の街、Kotkaでは魚料理のおいしいレストランが海沿いにあります。

名前は「Wanha Fiskari」。

http://www.wanhafiskari.fi/
ここです。

先日、幼稚園の園長先生が魚料理を食べるならここ!ということで、一緒に食べに連れて行ってくれました。

フィンランドでよく食べられている魚のひとつ、Ahven(パーチ)が絶品とのことで、私もAhven料理を頼んでみました。


じゃじゃーん!
b0202018_516342.jpg


Ahvenは10センチ程の大きさの魚で、比較的取れやすいけれど骨がたくさんあるのでやや食べにくい、と思っていましたが、ここのAhven料理は違いました。

食べても、食べても、骨がない!

おまけに味付けも最高で、バターとレモンソースのような組み合わせがAhvenにかかっていて、さらに付け合せのマッシュポテトもふんわりしてて甘みがあって、おいしかったです。

Kotkaに来るならぜひここでお食事を☆
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 05:23 | ruoka 食べ物

会報に登場!

幼稚園の園長先生の計らいで、幼稚園が所属するKotkan SAY(Kotkan Suomi-Amerikka yhdistys Ry、フィンランド・アメリカ協会)のホームページに、以前紹介した茶道の写真と私のことを取り上げてもらえました!

こちらから見れます☆
⇒http://www.kotkansay.fi/say_hello_jasentiedote_01_2011.pdf

この写真では「おーいお茶」のパックも写ってますが、茶筅で混ぜている方は本当の抹茶の粉です、あしからず:D 

ちなみに、幼稚園の先生たちの間では、濃い抹茶が大好き派!と「おーいお茶」もびっくり派!に分かれました。
でも、「肌にいい」と紹介すると目が輝いてました(笑)
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-02 09:00 | leikkikoulu 幼稚園

一年の集大成、春の作品展

先日、5月の下旬に夕方親御さんを招いての「子どもたちの春の作品展」がありました。

一年間行ってきた活動や作品を部屋のあちこちに飾りつけし自由に見てもらえるようにして、最初にうさぎの歌3曲を歌ってから、アイスクリームタイムを子どもたちや親御さんと楽しみました:)

b0202018_871627.jpg


b0202018_8125945.jpg
b0202018_816837.jpg

私が子どもたちと折った折り紙も紹介コーナーをもらえ、展示することができました!

b0202018_8201033.jpg

これは5~6歳児クラスの子どもたちの作品。ピックで型を抜いたハチと、ポップコーンをのりで貼ったユニークなアイデア。春っぽさが出てます。

b0202018_823073.jpg

白樺の木と松の木がそこらじゅうで見られるフィンランドならではの春の自然の制作。白樺の新芽はhiirenkorvat(ネズミの耳)と呼ぶそうです。形が一緒なんだとか☆

b0202018_830591.jpg

これは就学全教育クラスの6~7歳の子どもと先生の作品。す、すてきすぎる!
特にこの白樺の配置具合がフィンランドの春の感じをかもしだしていて、個人的にすごく好きです。

b0202018_8344717.jpg

イベントの最後に私のことを園長先生が親御さんに話してくれたかと思うと、いきなりのサプライズプレゼントがたくさんありました!感動的な手作りクッキーやカードなどもらえ、じんわりきました☆ 

幼稚園の今年度は6月の始めで終了するけれど、次の新学期が始まるまでの間”保育”はずっと受けつけているとのことで、先生たちも3週間ほどの夏休みを交代で取りながら勤務するとのことです。

私も夏休みをいただけたので、自分に厳しく(!?)フィンランド語の勉強をHelsinkiで続けたいと思います!

8月の始めに幼稚園でサマーキャンプがありそれに参加する予定なので、それ以前の打ち合わせから再び幼稚園の活動に復帰という形になります。

まだまだやり残している活動がいろいろあるので、復帰してから自分が納得できるよう悔いなく活動を最後まで続けたいです☆まずは、「ぐりとぐら」の絵本の翻訳から!
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-02 08:44 | leikkikoulu 幼稚園

Helsnkiでもできるんです、花見☆

長らくブログから姿を消していて、ごめんなさい^^;

今日ようやく幼稚園の活動が一息つきました。その間にも伝えたいことがたくさんできました!まずは、桜情報から☆

前に紹介したKotkaの桜ですが、あれから1週間の間に一気に満開になりすぐ葉桜になってしまいました!さすが、春の季節の移り変わりが早いフィンランドです。

HelsinkiでもRoihuvuorenpuisto(ロイフブオリ公園)という場所で5月に「花見」イベントが開かれるんです☆
今回はついに念願叶って参加することができました:)

b0202018_7473640.jpg



イベントの日には公園の桜も見事に葉っぱだけになっていましたが(笑)、お弁当とピクニックシート持参でイベントを楽しみに来ているフィンランド人、日本人、いろんな国の人人。。。なんだか本当に日本の花見を思い出して、感動しました☆



イベントでは、武道の実演・パラパラダンス・Helsinki大学のキャラバン隊による日本の歌の合唱ななど日本に関係する催しがたくさんありました。

会場を囲むように茶道裏千家の野点ブース・フィン日協会のブース・草月流フィンランド支部(?)の生け花のブース・お寿司などの屋台ブースなどがあり、フィンランドにこんなに”日本”があることに感激☆

b0202018_7495775.jpg


b0202018_7512788.jpg


b0202018_7525243.jpg

ピンクのかばんも花瓶に! CDも飾りのひとつとして使われてました、斬新:D

Helsinki大学の友だちにも会えて(浴衣を着ている子も!)、友だちが歌った合唱曲「さくら」「ふるさと」「君をのせて」のハモりを聴きながら、やっぱり心の「ふるさと」は日本だな~とじんわりきた、思い出にのこるいい日でした!


※Roihuvuorenpuisto(ロイフブオリ公園)の花見情報ページです。Helsinkiの中心部からの交通手段なども書かれています☆ 
⇒http://kaupunginosat.net/roihuvuori/index.php?option=com_content&task=view&id=2200&Itemid=896
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-02 07:58 | suosittelu おすすめ