ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Seurasaariの夏

Helsinkiの目抜き通りにあるStockmanというデパートの前か、駅の近くのSokosというデパートの側から出ている24番のバスに揺られること、20分ほど。

野外博物館としても知られるHelsinki人にとっても憩いの場所、Seurasaariが見えてきます。

バス停からすぐにある橋を渡ると自然あふれる島に到着です。
Helsinkiの街からそんなに離れていないのに、町に近いということを忘れそうになるくらい穏やかで深呼吸のできる場所で、ピクニックにも最適です。

島に入ると、そこら中からちょこちょことやって来たリスたちが迎えてくれました。
b0202018_049527.jpg


Seurasaariの紹介にもここの島にリスがたくさん生息していることが書かれています。
やはり多くの人が出入りする場所のためかリスたちも人慣れしていて、大分近くまで寄ってきていました。
b0202018_0522773.jpg


この野外博物館の建物は1600年代~1800年代に使われていたフィンランド各地の建物が移築されていて、木の教会や家畜の小屋などを身近に見ることができます。建物によっては中にその時代の服を着たガイドの人がいて、その建物の歴史などいろいろおしえてもらえます。

b0202018_0582694.jpg


昔の一般的な住居の中を見に行くと、ガイドの人が「寒い冬は暖炉の上の空間を使って布を敷き、寝たりしていたんですよ」とおしえてくれ、寒さ厳しいフィンランドの過ごし方の工夫が垣間見れました。

b0202018_0584519.jpg



建物の見学の後は、広場で行われているkäsityömarkkinat(ハンドメイドマーケット)を見に行きました。

ここでは昔の時代に来ていた衣装を身に着けた人たちが、いろいろな手作りのテントを出していました。
b0202018_12191.jpg


白樺の木の皮から作られた星の形のクリスマスの飾りやカバン、レースを使った作品、伝統の織り方で作ったベルトなど、ワクワクしながら見てまわりました!
b0202018_14293.jpg


白樺素材のカゴは日常生活でも普通に使われていて、買い物カバンのひとつや毛糸の靴下グッズを入れて置いたり、暖炉の側の薪入れになっていたりと、フィンランドの人たちの生活に溶け込んでいます。
私もひとつ自分用に欲しかったのですが、結構持ち運ぶのに大きいことと帰国の時に困るだろうということで、今回は買うのをやめておきました。

こんなカゴや木の製品も並ぶ屋外マーケットは定期的に夏の間を中心にフィンランド各地の市場で開催されているので、足を運んでみると面白いです。


ハンドメイドマーケットの側にはカフェもあり、おいしいキッシュも食べることができて満足満足のSeurasaariでした。
b0202018_113405.jpg

[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-09 01:13 | suosittelu おすすめ

Tilli(ディル)のすすめ

フィンランド料理にはTilli(ディル)という香草が欠かせません。

サーモンスープや、サラダ、オーブン焼きのスパイスなどいろいろな料理に使われていて、この味がないと何かパンチが足りないな~という、まさに影の主役です。

そんなTilli、日本でも売っていますがスパイスのコーナーに乾燥状の粉はあるものの、なかなか生の状態では見かけられません。


フィンランドのスーパーでは野菜のコーナーに2~3種類は常にTilliが並んでいるので、生食を求めていた私にはパラダイスでした!

b0202018_0211340.jpg


夏の間、夏期大学でHelsinki滞在中に何度「生Tilli」を買いに行ったことか。

日本でも普通にスーパーに売っててくれたらな~。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-09 00:21 | suosittelu おすすめ

Hämeenlinna、夏のコンサートへ

HelsinkiとTampereの間に位置するHämeenlinnaへは、電車で1時間ほどで行くことができます。

レトロないい雰囲気のある駅舎です。
b0202018_22282387.jpg


フィンランドの日本大使館も観光に適した城のひとつとしてすすめているHämeenlinnaの城は、中心街から0.5キロほど離れた場所の湖の側に位置します。

城の周りには、フィンランド大砲博物館や刑務所ミュージアムなど一風変わった建物も隣接していて、見がいのある場所になっています。

今回はそのお城の見学と、中心街の教会で行われる私のお気に入りのアーティスト、Johanna Kurkelaのコンサートをゆりちゃんと一緒に聴きに行ってきました!


小雨のHämeenlinnaの町並みです。
b0202018_22323270.jpg



夜にコンサートが行われる教会。シンプルでかわいらしい外観です。
b0202018_22333723.jpg



歩いて約30分ほど、城の入口の門へ到着しました。
b0202018_22352818.jpg



この城の基礎は13世紀にスウェーデン人によって築かれたと言われていて、火事などにより何度も改築が行われ、今の形になっているとのことです。
19世紀から20世紀の後半にかけては、刑務所としても使用されていたそうです(!)。

しっかりとした作りの門を抜けていくと、
b0202018_22391497.jpg


門を抜けて右側に観光用のお店があり、行かなかったけれどその側にはパン屋もありました。
左側の出入り口から城の中へと進んでいけます。

入ってすぐの井戸がある部屋です。
b0202018_22423959.jpg


そこを抜けると中庭のような場所に出ました。
城の石壁がじっくり見渡せます。
b0202018_22443192.jpg


ところどころにある石造りの細い窓からは、湖とその側に立ち並んでいる建物が見えました。
b0202018_22461524.jpg
b0202018_22463782.jpg
b0202018_22465716.jpg


別窓からは、隣接する大砲博物館の様子も見ることができました。
b0202018_2248143.jpg


城の内部には、模型も飾られていて全貌を知ることができます。
b0202018_2249156.jpg


城の中や周りは回ったものの、城自体の姿を見たい!ということで、湖の向こう岸まで30分ほどかけて歩いて見に行きました。

湖の景色とばっちり合う、歴史を感じるたたずまいです。
b0202018_22515016.jpg


湖のほとりにベンチがあったので、そこに座りのんびりと城のある景色を眺めることができました。
b0202018_22525078.jpg


帰り道は、夏ということもあってとにかく蚊の攻撃をよけるのに必死でしたが、なんとかホテルまでたどり着き、夜のコンサートへ向かいました。

冬にKotkaの教会で見てから2回目のJohanna Kurkelaのコンサートですが、教会ということもあって声が反響してさらに素敵でした!
何回も聴いて耳になじんでいる歌も、ここで聴くとまた違った感じに聴こえ感動でした。
b0202018_2256074.jpg



ちなみに日本人経営ではなさそうですが、Hämeenlinnaの中心街にもTiger-sushiという寿司レストランがあります。
http://eat.fi/hameenlinna/tiger-sushi
今や、ブームを超えて定番となりつつある寿司レストラン、Helsinkiの町でもその数は年々増えていっているみたいです。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-08 23:01 | Suomi フィンランド

Kotkaの夏と、寿司パーティー

さて、白夜の旅から戻ってきてから数日、今度はKotkaの幼稚園の親さん主催の「寿司パーティー」に誘ってもらい、友だちと一緒に向かいました。

夏の間、幼稚園の活動の夏休みをもらいHelsinkiにいたので、久しぶりのKotkaの町並みがすっかり夏らしく変わっていたので、新鮮でした。

幼稚園までの道にあるSapokan vesipuisto(サポッカ・ウォーターパーク)も、色とりどりの花が咲き誇っていました。
b0202018_18353385.jpg



高台にある展望台からも、夏のKotkaの景色が見渡せます。
b0202018_1838090.jpg



幼稚園の親さんと合流して、タールのアイスクリーム(!)をご馳走になった後、お宅へと向かいました。

なんでもパパさんが大の日本好きで、海苔やごはん、寿司用のエビや酢、まきすまで用意してくれていました!

フィンランドでも醤油はスーパーで売っていますが、一般的なメーカーがキッコーマンなので、ここでも「かすみ、しょうゆはキッコーマンでいいのか?」と聞かれました。(笑)

パパさんたちが私たちの到着前にテーブルセッティングをしていてくれました。
その出来栄えにただ、びっくりです!

b0202018_18462793.jpg

なんでも、この木の長板はそこら辺の河原で拾ってきたとのこと。
なんともオシャレです。

ごはんも鍋にいっぱーーい用意しておいてくれました。
「かすみ、2キロでよかったか?」
b0202018_1850294.jpg

さすがパパさん、やる気満々です。私、キロでなんてお米炊いたことがないです。(笑)

その後、一緒に参加してくれていたゆりちゃんの手助けのおかげで寿司作りもスムーズに進みました。ありがとう、ゆりちゃん!

b0202018_18515089.jpg


冷凍用ですが、こんな形のエビもフィンランドで売られています。
たまごの寿司も登場しましたが、フィンランドらしくこの時期採れはじめる香りのよいキノコ入りのたまご巻きで作りました。

子どもたちも好きな寿司でプチパーティーです。
b0202018_18592041.jpg


豪華な寿司パーティーの後は、ママさん特製のMansikka-kinuskikakku(イチゴのキャラメルケーキ)の登場です。上がキャラメルの層になっていて、中にイチゴのムースなどが入っていて、酸味と甘みのバランスがばっちりのケーキでした。
b0202018_1912827.jpg


フィンランドでは家庭でよく菓子パンやケーキなどが作られていて、日本のクックパッドのようなサイトもあります。
http://www.kotikokki.net/
ここから、家庭で作られているいろいろなメニューが見れます!おすすめです☆


その後、ママさんにkotkaの隠れスポットをおしえてもらい、夏の海の景色を満喫しました。
kotkaには約1年住んでいましたが、まだまだ知らないいい場所がたくさんある!と思いました。
b0202018_1914835.jpg
b0202018_19142718.jpg


冬の間、毎日見ていた中心街の公園もすっかり夏らしくなっていました。
b0202018_19152395.jpg



誘ってもらったママさんたちにお礼をして、次はHämeenlinnaの町へ向かいます。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-08 19:17 | Suomi フィンランド

夏至祭と白夜 4 ~完結編~

さて、この旅のしめくくりはInariの町です。

前の3でも少し触れましたが、Inariにはフィンランド北部などに住むSaamelainen(サーメの民族)の博物館や、フィンランドで3番目に大きいInari湖などがあり、その周りにはサーメの伝統的な織物を使った雑貨のお店などもたくさんあり、フィンランドの人もおすすめする観光スポットのひとつになっています。

以前からこのInari湖にあるというUkonkivi(日本名・軍艦島)にぜひぜひ行ってみたかったのですが、今回ついにその夢が叶いました!

このUkonkiviですが昔はサーメの人たちにとって神聖な場所として扱われていたそうです。
今では、Siidaというサーメの民族博物館の側から定期船が出ていて、それに乗り直行でUkonkiviまで行くことができます。
出発の少し前に側のお店の店員さんに申し込むと、次の船に乗ることができます。


この奥に見えるのが定期船です。なんだか近未来的な形。
b0202018_17193748.jpg


この日は、定期船が修理中だったので、小型船で行くことになりました。
では、いよいよ出発です!
b0202018_17204856.jpg


船の外に座る方が景色がよく見えるのですが風も強いので、船の中心に座り風をよけながらUkonkiviまで向かいます。
小型船で片道30分ほどです。

b0202018_1724246.jpg


b0202018_17245579.jpg


b0202018_17251591.jpg



。。。。。あ!それらしき形が。。。
b0202018_17252832.jpg


前に本に載っているのを見つけた時は、黒い大きな塊が湖の中からせり出てくるような写真に見え、何やら不気味に思うのとその壮大さを一度目で見てみたいという気持ちになりました。


。。。ついに見えてきました、Ukonkiviです!

b0202018_17412244.jpg

船のガイドの人が島の周りを一周まわってくれます。

b0202018_17424783.jpg


思ったより大きくはなかったですが、存在感は抜群です。
b0202018_1743251.jpg



そして、なんとこの岩へ登れるとのこと!
実は、岩の上に観光用の階段が設置されていて、岩の周りを歩けるようになっているのです。
b0202018_17471360.jpg


風も落ち着き、湖の穏やかな景色を見ながらガイドの人からコーヒーやクッキーをもらい休憩です。
いい眺め。。。心が落ち着きます。
b0202018_1749155.jpg


b0202018_1750266.jpg
b0202018_17503031.jpg


岩から離れて船で進むこと数分。

周りの小島の間にみるみる岩の姿が隠され、あっと言う間に見えなくなりました。
このすぐには行けない位置というのも、大きなInari湖に隠された神秘的な場所という感じがして、サーメの人たちに信仰されていたのが、なんとなく分かりました。


さて、その後は船着き場近くのサーメの民族博物館、Siidaへ向かいました。

Siidaには屋内と野外の2か所でサーメの人たちの歴史や環境、衣類や伝統的な模様などが紹介されていて、サーメのことを知るのにもってこいの場所になっています。

b0202018_17571990.jpg


b0202018_17583751.jpg


b0202018_17591027.jpg
b0202018_1802912.jpg

中では、白夜の太陽の動きを追った写真なども展示されています。
b0202018_1834054.jpg

サーメの民族衣装も、何種類かありその違いを見ることができます。

博物館を後にして今日の宿泊場所へ向かうのですが、その道すがら道路を横切るトナカイのグループに出会いました!
b0202018_187174.jpg

ゆっくり近づいても人慣れしているのか、ちっとも驚かないトナカイたち。


b0202018_187452.jpg

Siwaというスーパーの側の草まで堂々とはんでいました。(笑)


そして、その日の夜も部屋の窓から沈まない太陽と、いつまでもうす明るい夜を見ることができました。
b0202018_1893999.jpg

これで、22時30分くらい。

b0202018_18103968.jpg

23時30分あたり。

b0202018_1813674.jpg

00時30分あたり。

b0202018_18135619.jpg

01時30分手前。

この後、段々明るくなっていく空を見ながら眠りにつきました。


Rovaniemiから本数は少ないですが、定期的にバスが出ているので向かいやすいと思います。
白夜の時期、フィンランド最北端の地で一番明るい夜を体験できて、またフィンランドのお気に入りの場所が増えました。^-^
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-08 18:25 | Suomi フィンランド

夏至祭と白夜 3 

本当にお久しぶりです!!
Utsjokiで行方不明になっていた。。。わけではなく、その後もいろいろなことが起きていました!


つづきを書こうとしながらも、移動やいろいろで年を越しここまで来てしまいました^^;
きっともう誰も見てくれていないだろう(汗)ということは承知ですが、自分に一度区切りをつけるためにも書ききっておきたいと思います。


さて、Utsjokiの白夜の旅の続きですが、白夜が見れた次の日、ありがたいことにSusannaさんにまたお誘いを受け、朝からUtsjoen kirkontuvat(ウツヨキの教会とその周りに広がる集落)を案内してもらいました。

Utsjokiの教会は小高い丘の上にあり階段を少し上がっていくのですが、この日は私たちが到着した時にちょうど牧師さんたちがいてくれ、中を見せてもらえました。
日曜日に教会のミサが開かれているそうですが、牧師さんがかけもちで行っているらしく、隔週でのミサということだったので、ラッキーでした!

b0202018_16164566.jpg


教会の2階からの写真です。
b0202018_16174017.jpg


この教会の下に広がる集落は野外博物館のようになっていて、牧師さんを中心とした人たちが夏場を中心にミニカフェやハンドメイドショップなどを開いているとのことでした。

この集落には10件ほどの小屋や貯蔵庫などがあり、昔は教会の参拝者用に宿泊施設としても使われていたとのことです。

そして、この集落の横を流れる幅広なTenojokiという川の眺めと周りの雄大な景色にすっかり心を奪われてしまいました。
なんと、この場所「Joulutarina」(クリスマスストーリー)というフィンランド映画の撮影場所でも使われているとのこと!その映画の雰囲気にぴったり合っていて、本当にすてきな場所です。

b0202018_1626436.jpg
b0202018_16271310.jpg
b0202018_16273339.jpg
b0202018_16281975.jpg
b0202018_16285226.jpg


教会を見せてもらった後、Susannaと一緒に牧師さん有志の方が開いているこの集落のミニカフェで、クランベリージャムつきの焼き立てパンケーキ(Lettu)とコーヒーをいただきました。
カフェの中では、手作りの毛糸の靴下や手袋なども売られていて、今でもこの場所をみんなで工夫しながら大事に使っているんだなと感じました。

Susannaさんたちの話によると、ここUtsjokiはノルウェーとも隣接しているほど、フィンランドの中でも最北端の場所のひとつなので、こういう良い場所もたくさんあるけれど、交通の便がよくないためか、もう少し下に位置するInariの街に比べて、あまりいい観光アピールができていないということでした。
Utsjokiは人口の約半分近くがSaamelainen(サーメの民族)なので、その人たちの伝統の織物を活かしたワークショップなどがここの集落を中心にできれば、もっと活性化するんじゃないかとしばらくSusannaさんとアイデアを出し合いました。

昼過ぎに今回のUtsjokiの旅でたくさんお世話になったSusannaさんたちにバス停まで送ってもらい、サーメの民族博物館があるInariへと向かいます。
[PR]
by han1_aur1nk0_f1 | 2012-02-08 16:46 | Suomi フィンランド