ブログトップ

suomea Suomessa

han1hunaja.exblog.jp

夏至祭と白夜 2

お待たせしました!

うたたねからふと目を覚ますと、窓の外が黄金色。。。

時計を見ると22時30分。。。


これは。。。!


晴れた!ラッキー!!

すぐさま外に出て、橋の方へ向かって歩き出しました。

昼間は曇りと小雨で夏至際(Juhannus)の夜が晴れてくれるとは思わなかったから、わくわくしながら景色を見に行きました。

一年で一番日が長い夏至の時期にFinlandで最北端のひとつである場所=一番明るい夜空が見れる場所(のひとつ)!

こんな勝手な計算でしたが、その明るい夜空が目の前に広がっている。。。

すごく嬉しかったです!


これが23時。
b0202018_6495610.jpg



23時30分。ホテルの側にある、日中車で連れて行ってもらった山も輝いてます。
b0202018_656112.jpg


どんどん歩いてTenojoki(Teno川)のところまで来ました。FinlandとNorwayの国境を流れる川です。
0時。まだまだ、輝きは続く。。。
b0202018_715469.jpg



国境ということで橋の側にはTulli(税関)の施設があります。
旗もFinlandのとEUのとNorwayのと3つ並んでます。
b0202018_7113225.jpg



やっぱり橋から見る景色は最高!0時30分。
b0202018_7151769.jpg



歩きながら、まだまだ夏至の夜を楽しみます。

ラップランドに住む原住民、Saame(サーミ)の旗と言葉の看板を発見。
b0202018_7281019.jpg


Utsjokiはフィンランド語が約5~6割、Saamelaiskieli(サーミ語)も約5割という比率で話されていて、フィンランド人の子どもたちも学校でSaamelaiskieliを勉強するとのことです。

もともと、英語の授業に加えてスウェーデン語も必修であるFinland、Utsjokiの子たちは母国語も含めて4か国語を子どものうちに習うという言語環境にあります。



これは1時。暗くなることがないまま、明け方に向かっていきそう。。。
b0202018_733417.jpg



そして再び橋の上へ。1時30分です。
実は、この橋こうなっていたんです。Rovaniemiの橋の作りと似ているような。。。
これが、お気に入りの一枚になりました☆
b0202018_737579.jpg



段々眠くなってきたので、ここで宿泊施設へ帰ることにしました。

暗くなることがない、いつまでも明るい、時間が止まったような夏至のUtsjoki。


すごくいい経験になりました。

さて、次の日も午前中ホストファミリーのおばあちゃんの知り合いの人と待ち合わせ、Utsjokiの教会へと向かいます。

もう少し、つづく!
[PR]
# by han1_aur1nk0_f1 | 2011-07-14 07:41 | Suomi フィンランド

Juhannus(夏至祭)と白夜

前々から体験したいことのひとつだった、白夜の空を見ることがついに今回叶いました!

夏期大学の休日を利用して、Finlandの最北端のひとつUtsjokiとそこからバスで3時間くらい下ったところに位置するInariに行ってきました。

まずHelsinkiから夜行列車に乗り約12時間を経て乗り継ぎのRovaniemiへ。

この日の夜がJuhannus(夏至祭)が始まる時だったので、橋の近くの川岸にもkokko(夏至祭の時に燃やす火)があって、側で行われる野外イベントのブースを見つけることができました。

これが、10メートル以上続いてます。
フィンランドの伝統衣装、いつ見てもこの色合いとデザインに心惹かれる。。。
b0202018_6282534.jpg



これがkokko!
以外とシンプルだけど、夏至祭の時に行われる大切な事のひとつです。
ちなみにこれは火をつける前。HelsinkiにあるSeurasaariでも同じ日にkokkoのイベントが行われていましたが、内容を見ると大体20~21時辺りに点火されたとのことで、たぶんここも同じくらいに点火したんじゃないかと思います。
b0202018_6354322.jpg


その後に寄ったRovaniemiの教会では、中世の服を着た人たちが演じるイベントが開催されていて、偶然見ることができました!

これは教会の中です。どの教会にも癒されるというか、「そのままで、いいんだよ。。。」という何かを感じます。
b0202018_6552496.jpg


夕方バスターミナルからUtjokiに向かうこと、5時間(!)。

着いたのは23:30過ぎでしたが、曇りといえどもうす明るかったです。

到着が遅かったのと夏至祭だったこともあり宿泊先の受付が閉まっていたので、泊まる施設のカギをもらいに200メートルは離れた最寄(!)のバーへ。

ちょうどこの日の夜にバーで開催されていたJuhannusのイベントのため、店内は「どこからこんなに。。。?!」というくらい30人は超えるにぎわいで、みんな飲む、飲む、踊る、盛り上がる!とすごかったです。

「Utjokiに知り合いがいるから、連絡しておいてあげるね」というホストファミリーのおばあちゃんの計らいで会う予定だったSusannaさんに偶然バーで話しかけられたのにはびっくり!
人口の比率が日本と比べて約20分の1ということもあり、いろいろと面白い出会いが起こります:D

そして、その日の夜に施設に戻ってから気づきました。

「念のためと事前に買って持参したバナナやパン、水がこの移動の約2日間の間に底つきようとしている」+「明日は夏至祭当日ということで、地元のスーパーも休み」=明日一日の食糧が。。。


やばい!非常事態です。

こんなことになるなら長持ちするクッキーとか買っておけばよかった。。。と落ち込みつつ寝ました。


次の日の朝も小雨で曇りがちでしたが、体力を消耗しない程度に散歩しようと外に出ると。。。100メートル離れた最寄の建物に人が出入りしているのを発見。「shopping center」とも書かれている。。。もしや!

と思い、店内に入るとガソリンスタンドと兼用のミニスーパー!

「食べ物。。。食べ物がある。。。(;_;)ありがたい。。。」と心にしみました。


Juhannusと時期とクリスマスの前後は本気でいろいろな場所が休業になるので、事前の食糧準備の大切さを感じました!

安心した後、昼からSusannaさんと娘さんたちと会いおすすめの場所を案内してもらえました:)

まずはSusannaさんおすすめの高い場所へ車で連れて行ってもらいました。

そこから見るTenojokiの眺めは曇っていたとはいえど、最高でした!
b0202018_721285.jpg


b0202018_7245762.jpg


その後、Ellin polkuという自然遊歩道を歩くこと片道2キロ、グリルができる場所まで一緒に行き早速薪に点火しました。

Finlandでグリルするものと言ったら、

Makkara

これにつきます。
代表的なウィンナーです。

焼くのと食べるのに夢中で残念ながら写真はありませんが、自然歩道とグリルのできる場所を紹介します。

b0202018_7362895.jpg

ここが入口。

b0202018_7393946.jpg

白い苔がたくさん生えていて地面に雪が降ったよう。きれいだったです。

b0202018_7442291.jpg

グリルの場所の側を流れるTenojokiの眺め。

b0202018_7471672.jpg

ここがグリルの場所、makkaraを焼きました!


Susannaさんと娘さんたちに感謝しつつ施設へ戻り、眠たくなってきたので少し仮眠。。。


。。。そして、ふと目を覚ますと。。。!!

続きます!
[PR]
# by han1_aur1nk0_f1 | 2011-07-04 07:51 | Suomi フィンランド

Helsinkiへの引っ越し☆

実は、幼稚園から6月・7月と約2か月の夏休み期間をもらえ、先日


Helsinkiの郊外に引っ越しました!


Helsinkiの夏期大学のフィンランド語講座が受講できることになったので、その期間に合わせての引っ越しのため、全部の荷物を移動させたわけではなく大半の荷物はKotkaにあるのですが。。


学生アパートの3つ個人部屋がついていて共同キッチンと共同トイレ・シャワーという「Solu(
直訳だと”核”、他の意味だと”小さな集まり”)」タイプの部屋割りです。

夏の間のみの住まいですが、この学生アパートは基本的に個人部屋に棚以外の家具がついていないので、必要最低限の物を整えるのに1週間かかりました^^;

<Before>
b0202018_2133592.jpg

あるのは窓とカーテンレールのみ!
電気もないので、プラグに合う形の電気を探して来ないといけません。

ちなみに、これが部屋の電気のプラグのタイプです。参考のため載せておきます☆
b0202018_21382188.jpg


b0202018_21342548.jpg

棚はたっぷり収納です。

<After>
b0202018_2141566.jpg

またここから少し進化するかもしれませんが、今のところやっぱりスーツケースが机代わりになってます:D


学生アパートにもいろいろタイプはありますが、私はHoasというところから申請しました。
家賃は水道代、電気代全部込みになっています。

ちなみに、ここのアパートの左側が大学の生物学部(?)の研究エリアになっていて、自然がいっぱいです!
b0202018_2148263.jpg


生き物もいるので、また次に紹介します!

では、今からアパートの洗濯場から洗濯物を取りに行ってきます。。
[PR]
# by han1_aur1nk0_f1 | 2011-06-16 21:49 | Suomi フィンランド